3丁目の猫

最近よく見ているYouTubeのことをメインに書いています

これからYouTubeを始めても人気YouTuberになれるのか?

少し前、小学生のなりたい職業にYouTuberがランクインしていて話題になっていましたね。

すでにYouTuberは増えていて今から始めるのはかなり厳しそうです。

今回は、これからYouTubeを始める場合、どんな動画だと成功するか考えてみました。

ある分野に特化した動画

f:id:chotto_cat:20170905170335j:plain

【水溜りボンドラーメン】トミー監修のまぜそばをすする トミちゃんチャーシュー@Noodle Stand Tokyo 【飯テロ】SUSURU TV.第662回 - YouTube

以前、当サイトでもご紹介したラーメンに特化したチャンネルの「SUSURU TV」。

YouTuberでラーメンと言ったら「SUSURU TV」というぐらい有名ですよね。

1つのことに特化したチャンネルは強い印象を受けます。企業からの広告依頼もきやすいと思います。

SUSURU TVがすごいからといって、これからラーメン専門チャンネルを作っても厳しいと思います。

ラーメン以外のカレーとかスイーツなど、まだ誰もやっていないところを攻めていくのがいいかと。

chotto-cat.hateblo.jp

定番動画もちょっとした工夫で新鮮に

f:id:chotto_cat:20170905170430j:plain

醤油ラーメン - YouTube

こちらは日米カップルRachel & Junさんの料理チャンネルでJunさんがメインで出演されている「JunsKitchen」です。

動画は海外の人に向けて作った日本料理の作り方です。

最初の動画は2012年となっていますが、ここ1年ぐらいから本格的に力を入れているといった感じなのでしょうか。

この動画には参考になるところがいくつかあります。

もともとメインチャンネルで多くのファンを抱えていたというのもあるかもしれませんが、現在チャンネル登録者数が91万で、各動画の視聴回数は100万回を超えているものが多く、視聴回数が1,500万というのもあります。

動画の投稿頻度は月に1~2回といった感じですがどれも視聴回数は多いです。

JunsKitchenでは猫を上手に動画に出演させています。

自転車のカゴに猫をのせてスーパーへ食材を購入しに行くところから動画は始まります。

動画の作りも凝っていて、料理に興味がない人でも猫好きな人が動画を見る可能性もあります。

調理中に猫がいると衛生的にどうなん?と思う人もいるかもしれませんが、淡々と料理を作っているよりも猫がいる方が見ていて楽しいと感じる人もいるはず。

日本料理に興味を持っている外国人だけでなく、猫好きな人も集客できます。

また、猫がいることで自分が顔出ししなくてもいいぐらいインパクトがあります。顔出しすることでファンがつきやすくなると言われていますがリスクもあります。顔出しするのをためらっている人には参考になると思います。

動物をうまく出演させるというアイディアで、すでに飽和状態の分野でもチャンスがあるのではないでしょうか。

さいごに

新しいYouTuberがどんどん出てきて、有名YouTuberでさえネタを考えるのが大変そうです。

これからYouTubeを始めるには何かしら工夫が必要になってくると思います。

関連記事

アッシェ(Asshe)はYouTuberよりタレントの方が向いていると思う

東大生YouTuberコンソメエナジーさんは無理して過激なことはしなくてもいいと思う