3丁目の猫

最近よく見ているYouTubeのことをメインに書いています

YouTuberは事務所に入るべき?メリット・デメリットを考えてみた

いろいろ意見が分かれるYouTuberの事務所問題。

事務所によっては手数料を取られるから入るのは損!という意見もありますが、松居一代さんのように何でも自分でこなせるパワフルな人は事務所に所属する必要はないかと思いますが現時点では事務所に入った方がいいかと。

今回はYouTuberが事務所に入るメリット・デメリットを考えてみました。

社会的信用

企業案件の仕事をしたい場合は事務所に入った方がいいでしょう。

仕事を依頼する企業側からすると個人よりも事務所に所属しているYouTuberに依頼したいと考えます。

企業からすると個人よりも企業を相手にする方が安心感があります。

事務所がなかったころは企業が各YouTuberへ直接コンタクトを取っていたと思いますが、事務所ができてからはYouTuberへの直接依頼はかなり減っているのではないかと思います。

事務所に所属していなくても企業から「あなたにウチの商品の宣伝をしてほしい!」と依頼がくるYouTuberなら事務所に入る必要はないと思います。

動画制作に集中できる

企業からの仕事の依頼を受けた場合、そのやりとりに時間を取られてしまったり、確定申告の準備に時間がかかったりすると動画にかける時間が減ってしまいます。

のんびりマイペースで動画投稿をしているのであればいいですが、動画の投稿頻度が高い場合は事務手続きを事務所にやってもらうことで動画に集中できます。

YouTubeアカウント停止

万が一、アカウントが停止になってしまうとパニックになると思います。

アカウントが停止されたときのことを考えて、YouTube以外での活動を広げるなどリスクを分散している人はいいですが、YouTubeの収入だけに頼っていると危険です。

日本の企業は話せば分かるといった感じですが、海外の企業は日本企業に比べて冷たい印象です。

事務所に所属していなくてもアカウントを復活させることは可能ですが、UUUM(ウーム)のようなMCNの事務所だとYouTube Japanとのコネクションがあると思います。

実際できるかどうかは分かりませんが、UUUMからYouTube Japanへ直接掛け合ってもらえるかもしれません。

そもそもUUUMのようなMCNに所属しているYouTuberはアカウントBANされにくくなっているのかもしれませんが。

困ったときに相談できる事務所があるだけで心強いと思います。

YouTube Japanへの影響力

f:id:chotto_cat:20170905205120j:plain

本を燃やす動画が消された!大手事務所の言葉狩りが始まったぞ! - YouTube

確認が取れている訳ではないので事実かどうか分かりませんが、UUUMには以下のような影響力があるのではないかという噂があります。

シバターさんがヒカキンさんの本を燃やす有名な動画がありますが、その動画が日本から視聴ができなくなっているとのこと。海外からは視聴が可能なようです。

このことからUUUMがYouTube Japanへ何かしら働きかけたのではないかとシバターさんは推測しています。

この他、例えばUUUM所属のYouTuberへは特別単価の広告が提供されることがあるかもしれません。

UUUMのようなMCNとMCNでない事務所がYouTube Japanとどの程度繋がりがあるのか分かりませんが、UUUMは他の事務所に比べYouTube Japanへの影響力があるような印象を受けます。

事務所に入るメリットは大きいと思う

事務所に入ると動画が面白くなくなると言われますが、組織に所属する以上それは仕方がないことだと思います。

企業案件の仕事を事務所の営業さんが取ってきてくれたり、税金関連の事務手続きを事務所がしてくれるのであれば、手数料を支払うのは当然です。

動画に口出しされたくない、手数料も払いたくないというのであれば自分で会社を作れば好きにできます。

だけど自分で会社を作っても運営していくのは大変です。だから会社を作っているYouTuberは少ないのではないでしょうか。(ヒカキンやはじめしゃちょーの税金対策用の会社は除く)

トラブルや困難に見舞われたときに必ずしも事務所が適切な対応を取ってくれるとは限りませんが、一人の知恵より十人の知恵の方が心強いと思います。

関連記事

YouTuberがモノを粗末にしている動画はあり?なし?

これからYouTubeを始めても人気YouTuberになれるのか?